ブログ

社員紹介。大宅と申します。

今年もいよいよ残すところ7日となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は大宅が担当させていただきます。

弊社の事務所に来ていただいた方はご存知かと思いますが、8ヶ月の

赤ちゃん連れで勤務させていただいております。

 

 

私には2人の娘がいます。

上の子(4歳)は保育園に通っていますが、下の子は「まだ3ヶ月にも

ならない赤ちゃんを預けるのは情操教育に良くない」という社長の

考えとご厚意で、子連れ出勤させていただいております。

私もこの半年、一緒に居ることで周りに迷惑をかけながらですが、とても貴重で

かけがえのない時間を過ごすことができました。理解ある社長だと皆さまから

言っていただきますが、本当にその通りでとても感謝しています。

来年1月から認可外保育所への入園も決まり、嬉しい気持ちと寂しい気持ちが

ありますが、起きている時間が長くなり、歩行器で何処へでも移動して事務所の

観葉植物を食べてしまうため、預けることを決めました笑

 

※注 女の子です。

 

今は共働きが当たり前になりつつありますが、女性は結婚、出産で仕事を辞め、

また就活、それと同時に待機児童にならないために保活と、まだまだ子育てしやすい

世の中とは程遠いのが現実です。

私のような特殊な働き方(子連れ出勤)がもっと前向きに周知され、当たり前の

社会になるともっと子供は増えるのではないかと思います。

子供が嫌いな方も勿論いらっしゃるとは思いますが、人それぞれです。無理に理解を

とは思いません。

ですがこのままだと

① 結婚する人が少ない

② 結婚しても子供を作らないし、作っても1人か2人

③ 経済成長が鈍く多くの人が正規雇用されず、子供を産み育てる経済的余力がない

④ 産んで育てようにも保育所が足りない

その他たくさんの理由が挙げられますが、人口減少は止まりません。

 

女性の社会進出により、かつては多くの人が20代で第一子を産んでいたのが、今では

過半数の人が30歳を過ぎるようになった為、一世帯当たりの子供の平均が1.45人まで

減っているという流れが起きています。

調べていくと、出産する率が最も高い20~39歳の女性人口は、2010年で1,584万人、

2060年には736万人で、2010年の46.5%と半分以下になると言われています。

ある推計では、2060年に一番多いのは86歳だとも言われています。もう現役ではない世代が

一番多い、しかもそんなに遠くない未来。

色々考えさせられることが多い数字です。

 

私は環境に恵まれ働くことができていますが、今後、今の経験をどう活かし、伝えていけるかが

大事だと思っています。

 

不動産の情報は常に発信していきますが、女性ならではの目線で、知っていると役に立つ情報、

ちょっとした日常をお伝えしていけたらと思っています。

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

インビクタス/不動産

「売りたい!」「買いたい!」
お気軽にご相談ください!

CONTACTお問い合わせ

TEL.092-283-5255
営業時間/9:00~18:00(定休日:土日祝)

メールでのお問い合わせ

♥お気に入りを見る